うつわ好きのあなたにぴったりの荻窪「銀花」です
使いやすくて 料理の映える 楽しくて 美味しい うつわが並んでいます
店主の豊富な知識とアドバイスが おまけ です

ginkalogo  


ご予約でご来店を承ります。

いつもの暮らしに戻ろうとしていますが、
それにはコロナへの対応を続けるように心がけましょう。

ぼくらに出来ることは今まで通り続けましょう。

個人としてできる感染要望の対策を怠らないことです。
身につけたコロナ対応を生かして過ごすましょう。

荻窪銀花は出来る限り消毒をして、 換気をよくして
お客さまをお迎えいたします。

また、荻窪銀花はコロナ対応とは別にもともと、
ゆったりと器を楽しんでいただけるように、
お客様が重ならないように
1組ずつご覧いただくようにしています。
必ずご予約をいただいてからお迎えしたいと思います。

ご来店前にはご必ず連絡ください

荻窪銀花は1組ずつご来店いただき、
お客さまどうしが重ならないようにしています。
午前1組、午後3組の4回に分けて1組4名様までで、
ご予約を承っおります。

ご来店時には前もってご連絡、ご予約ください。
出来るだけ前日以前にmailでご予約ください。
空きがあれば当日でも承れますので、
ご来店前に、お電話(03-3396-4548)へご連絡ください。

 

常設展 春を呼ぶ器
23日(金)〜27日(月)
2/5日.8水.9木.15水.16木.17金.22水.
23木はお休みです


こんな時だからこそネット販売への細かな対応

気になる器の詳細情報をお答えします
気になる器あありましたらお気軽にメールでお尋ねください。
より細かな情報をお知らせいたします。

器への質問や疑問はもちろんのこと、
気になる器をHPやブログで見つけたら、
それを「詳しく知りたい」メールしてください、
色々な角度の、より詳細な画像をお送りして、
自宅でも手に取るように・・・。
いや甘庵の撮影技術ではその一つ二つ手前あたりですが、
それでもプチバーチャルでご検討いただける楽しみがあるかと。

もちろんのことですが、
ご来店いただいている時のように、
詳しく見たからこそ選んでいただけることもあれば、
やはり違う、これは気になると、直に手に取るからこそ、
選択していただけるためなので、
見たから買わないとなどとは考えないでくださいね。
みなさまのご意見や本音を伺える勉強の機会ですので、
どうぞお気軽にご利用いただけたら嬉しいです。

例えばメール等で、
Q:HPの加藤財さんのKTP-10605のポット黒丸の
フタ周りが見たい。


A:こんな感じです。

Q:巳亦敬一さんのMK-26の新スキワイングラスの
ステム部分が見たい。

A:カップの延長部分がベースに差し込まれてします。

Q:荒川尚也さんのNA-08渓流グラスBの
ハンドモール部分を見たい。

A:挟まれたあとが6個の丸い突起が浮き出ています。

Q:藤田佳三さんのFK-2054の粉引汲み出しは
使うとどうなりますか?

A:左が使用前で右が銀花で10年以上使ったものです。

Q:光藤佐さんのMT-1915刷毛目皿5.5寸の
在庫2客はどれですか?


A:在庫はこの2客です。

きめ細かい回答と、分かりやすい画像を複数枚お送りさせていただきます。
手に取りグッと寄って見たように感じていただけて、
少しでも楽しい器選びのお手伝いをさせていただけたらと思っております。
またメールには器ごとの魅力などの情報もお伝えするつもりです。
ぜひお気軽にご利用ください。

NEW荻窪銀花のYouTubeチャネンル
店主甘庵の目線で見る器動画をYouTubeでご紹介しています
器は手に取ってご覧いただきたいので、
遠方の方にも少しでも細かく立体的にご覧いただけたらと、
器の動画をYouTubeにアップしてご紹介しています

 

 

 

 

令和5年2月6日"うつわ屋のつぶやき"
液体だったグラスで飲む景色

吹きガラスは坩堝の中の溶けたガラスを、
竿(ステンレスなどのパイプ)に絡め取って、
息を吹き込んで膨らませて作るのが基本です。

必要なボリュームに膨らませた球体を、
バランスや金属の道具や濡れた新聞紙で触って、
変形させて目的の形に整えます。
吹いている先の方が器の底になるので、
底として成形したりステム台をつけて、
器の下半分を形作ります。

底の部分にポンテと呼ぶ、
吹いているのとは別の竿や金属棒の先に、
接着剤的な溶けたガラスをつけて、
下半分まで整った器の底にギュッと付けて、
吹いていた竿がわで口縁になるところで、
スパッと切り離します。

手慣れた作業を見ていると、
実に気持ちの良い流れで進みますが、
これが職人の技ですね。






続きは"うつわ屋のつぶやき"

人気うつわのページ
荻窪銀花の逸品をネットでお求めいただけます
ご注文はオーダーフォームよりお送りください。

メールでご注文いただく場合は、
必要項目をご記入してご注文ください
お名前(ふりがな
郵便番号ご住所電話番号
メールアドレスご注文品ご希望数

お知らせメール登録のご希望も承ります。
催し物案内や入荷のお知らせメールの登録を、
ご希望いただける時には、
「お知らせメール登録希望」とメールでお申し出下さい。

発送方法や送料等は「逸品お届けします」に準じます
料金表はこちらです

加藤財さんの急須・ポットのページ2022.12.20UP

荒川尚也さんのガラス器のページ2022.111.13 UP

巳亦敬一さんのガラス器のページ2022.11.7UP

久保田信一さんの器のページ2022.3.19UP

野波実さんの器のページ2021.12.16UP



藤田佳三さんの器のページ2020.12.24UP



光藤佐さんの器のページ
2021.6.23UP

荻窪銀花オリジナル照明器具のページ

中條正康さんの器のページ2018.4.9UP


*お知らせメール登録中
催し物案内や入荷の情報をいち早くお知らせする、
お知らせメール』を登録中です。
お気軽にメールでお申し込みください。

ご注意:
*登録済みのお知らせのメールをすると
アドレスが見あたらないと、メッセージエラーとして、
返送されて来てしまうことが多くなっています、
ご自身のアドレスをご確認の上、メール内にも表記してお送りください。

お送りするお知らせメールはテキストメールでお送りします。

*作り手を探しています。
荻窪銀花で橋渡ししてみたい、楽しく美味しそうな器や、
面白くて気持ちの明るくなる作品を探しています。
自分のことだと思う、元気のある作り手を探しています。