うつわ好きのあなたにぴったりの荻窪「銀花」です
使いやすくて 料理の映える 楽しくて 美味しい うつわが並んでいます
店主の豊富な知識とアドバイスが おまけ です

ginkalogo  
催し物予定 
開催中の催し物会場と作品 
催し物会場と作品の履歴
逸品をお届けいたします
作り手たち
うつわへの思いやり
 住所・案内図 
リンク集
mail
お客さまへの約束 

HPのURL(アドレス)が変更しのお知らせ。
新URL(アドレス)https://www.kan-an.comです。

これからもよろしくお願いいたします。

WEBサイトへのセキュリティ保護された通信のためのSSL(HTTPS)化のために、
荻窪銀花のサイトのサーバーを移動し、
URL(アドレス)も旧 http://www.kan-an.com から、
新 https://www.kan-an.com に変更いたしました。

*また、旧 URL(アドレス)は、一定の経過時間で削除されますので、
お気に入りなどへのURL(アドレス)登録をいただいている方は、
新 URL(アドレス)へ更新をおこなってください。
お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

常設展 晩秋から初冬
11月7日(木)〜12月9日(月)
11/12火.13水.16土.19火.20水.27水.28木.12/3火.4水はお休みです


お薦めの器
荻窪銀花のお薦め品をWEBでお求めいただけます


令和元年11月21日"うつわ屋のつぶやき"
ぐい呑の条件」
盃や杯や猪口などと呼ばれる酒を飲む小さな器がありますが、
同じような酒器であえて「ぐい呑」とうたうものがあります。
この「ぐい呑」の歴史はそう古くないと聞いています。

なんでも大正末期か昭和初めの頃から、
茶事の際に新たに付け加えられたシステムで使われた出したとか・・・。
人数分のぐい呑と大ぶりの徳利(お預け徳利)を盆に整え、
正客(茶会のメインゲスト)に委ねて、
亭主(茶会のホスト)は下がるそうです。

男性が中心の茶会になり、
呑み足りないこと多く、
杯などより少し大ぶりで、
ちょうど茶碗のように一つずつのもので、
器自体を酒の肴にして呑むという遊びを、
茶事にプラスアルファしたそうです。

都市伝説的なで話では、
名だたる企業系の美術館に茶道具が充実しているところの、
当時の企業創始者や一族などの茶会で始まったとか。
続きは"うつわ屋のつぶやき"で


人気うつわのページ
ご注文はオーダーフォームでお送りください。

巳亦敬一さんのガラス器のページ2019.11.9UP

荒川尚也さんのガラス器のページ2019.9.20UP

藤田佳三さんの器のページ2019.8.95UP

加藤財さんの急須ポットのページ2019.6.3UP



光藤佐さんの器のページ
2018.4.22UP

荻窪銀花オリジナル照明器具のページ


久保田信一さんの器のページ2018.4.16UP

中條正康さんの器のページ2018.4.9UP



*お知らせメール登録中
催し物案内や入荷のお知らせメールを登録中です。
お気軽にメールでお申し込みください。

ご注意:登録済みのお知らせをすると
アドレスが見あたらないと、メッセージエラーとして、
返送されて来てしまうことが多くなっています、
ご自身のアドレスをご確認の上、メール内にも表記してお送りください。

お送りするお知らせメールはテキストメールでお送りします。

*作り手を探しています。
荻窪銀花で橋渡ししてみたい、楽しく美味しそうな器や、
面白くて気持ちの明るくなる作品を探しています。
自分のことだと思う、元気のある作り手を探しています。

*ポストカード制作いたします
荻窪銀花の催し物や個展の時に、
ダイレクトメールのポストカードを制作しております。
この荻窪銀花のポストカードのクオリティで、
制作お手伝いさせていただきます。
ぜひ、ポストカード、案内状、DM、年賀状等の、
制作でご利用ください